投資の対象は金融商品であると言う固定観念を持っている方々が多いかもしれません。もちろんのことながら株式やFX、投資信託といったものが一般的かもしれませんが、長期投資を考えた場合に1つ検討してもらいたいのが、マンションへの投資です。

場合によってはアパートいっとうが良いと言う考え方もありますが、どうしてもリスクが高いためにここであげたいのはマンションの1室を投資対象として検討することになります。

特に最近では日本の高層マンションでは、あえてマンション投資のための部屋が最初から検討されるような場合もあります。
具体的に挙げると東京オリンピックやその後の値上がりを検討した場合、マンションの1室が非常に効率的だからです。日本国民だけではなく中国や欧米の資産家たちがこぞってこのようなマンションの1室に投資することが一般的になっています。

では、このようなマンション投資を行うことでどのようなメリットが得られるのかを具体的に挙げていきたいと思います。なんといっても長期的に保有することができるので、簡単に目減りすることが少ない点です。金融商品と比較すると明らかに目減り率は低いと思います。

マンションの1室、それも値上がりを見込めるような物件を購入する場合は非常に投資金額が莫大になるのではないかと考えがちですが、実際には住居用としてマンションを購入し住宅ローンを組むことと同じようにローンを組むことができるメリットがあります。こう考えると、自分自身が投資用のマンションを購入し、そこを貸し出しても良いのです。住宅ローンの支払いと賃貸料金を差額としてプラスに献上する考え方もあります。

また、定年後も一定の家賃収入を得ることができたり、売却をすることによって一括で収入を得ることができることを考えると、年金や保険がわりにマンションに投資すると言う考え方もできます。
なんといっても自分自身が資産を所有すると言うことが何かあったときの保険になると考えれば素晴らしい投資対象になるのではないでしょうか。

マンションの1室を考えた場合、自分自身が住むもやし、相続用として所有しとくもよし、様々な活用方法があるのがマンションの1室の投資の考え方です。

住宅ローンを組むことができるとことを考えれば、リスクが非常に少なく効率的な投資と言えるので非常に今後検討しやすい投資対象になってくるかもしれません。少なくとも日本の市場においてはまだまだ魅力的です。